本文へ移動

放射線科

放射線科

担当医の紹介

診療科の概要

画像診断の発達はまさに日進月歩であり、医療分野における重要性は増すばかりです。 済生会長崎病院は救急・急性期病院であることからも、画像診断による迅速かつ正確な患者トリアージは、医療現場において重要な位置を占めているものと考えています。

放射線科専門医の常勤2名で診療に当たっております。 診療科が増え、増加の一途をたどるCT、MRIを中心とした画像検査の読影、所見報告作成を中心に、日々邁進しています。

また健診センターの充実に当たり、胸部単純写真と上部消化管造影の第1、第2読影、マンモグラフィーの第1読影を担当しております。

主な診療内容

画像誘導下の治療(interventional radiology : IVR)

  • 肝腫瘍の経動脈的化学塞栓治療(TACE)
  • 急性胆嚢炎や閉塞性黄疸に対する経皮的胆道ドレナージ(PTGBD,PTCD)
  • その他

※ 放射線科は病棟を持っておりませんので、各科と協力し当該科に入院のうえで治療を行っています。

医療機器/設備

  • マルチスライスCT 2台 (いずれも64列)
  • 1.5テスラ(高磁場)MRI 1台
  • マンモグラフィ撮影装置
  • その他
TOPへ戻る