本文へ移動

病理診断科

病理診断科

担当医の紹介

病理診断科について

患者さんから採取された病変が何であるか、顕微鏡下に細胞レベルで診断を行っています。

臨床各科での診察やCT等での画像的診断と総合し、病気が良性か悪性か決定するための最終的な確認となります。
悪性と判明すれば、外科手術、化学療法、放射線療法等、さらなる治療方針決定の根拠となります。
 手術で切除された臓器は全体を観察し、顕微鏡的に悪性度はどの程度か、どこまで広がっているか等を病理診断書にまとめて報告します。これにより、手術後は経過観察か、再度手術か、薬物療法をするか等、臨床各科にて治療方針が検討されます。時には当初の臨床的診断と異なった病理診断となることもあります。手術時の切除範囲を決める術中迅速診断も行っています。
 病理診断科に何が求められているのか、臨床各科とのコミュニケーションを大切にし、速やかに治療方針を決定し診療を進められるよう迅速に診断を出すことを第一としています。


診療実績



クリックすると拡大します
TOPへ戻る