ソフトボール部

ソフトボール部

済生会長崎病院 ソフトボール部

職員の親睦と心身の健全育成のために

 済生会長崎病院ソフトボール部は、済生会グループ行事のひとつである「済生会九州ブロック親善ソフトボール大会」を通じて、済生会の連帯感を高め、職員相互の親睦と心身の健全育成を図ることを目的に設立されています。

 この大会は例年5月に開催され、九州各地の済生会病院および施設から多様な職種のスタッフが集い、応援・選手ともに楽しく過ごし、親睦を深める場となっております。

また、来年度は当院が当番病院となり長崎大会が開催される予定となっており病院をあげて大会を盛り上げようとユニフォームも新調しました。10年ぶりのリーグ昇格を目指し部員一同力を合わせ頑張っていきたいと思います。 また、大会独自のルールがあり、女性4名の出場が義務付けられているため、近年は男性陣の高齢化や女性部員の確保に大変苦労しているのが現状です。

 その他にも、「藤村薬品杯病院親善ソフトボール大会」や「長崎市民ナイターソフトボール大会」などにも積極的に参加しています。 ソフトボールに興味のある方、運動不足で身体を動かしたい方など年齢・男女問わず大募集です!
 病院で働きたい方で興味のある方は、当院ホームページ内の採用のご案内をご覧ください。済生会長崎病院で一緒にソフトボールを楽しみませんか?

済生会長崎病院ソフトボール部主将 下園 浩司(手術室看護師)

その他関連するページ

  • 初診・再診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 地域の方へ
  • 医療従事者・学生の方へ

広報誌:ほほえみ-最新号-

令和元年7月1日 更新!

▲ ページ上部へ