内分泌糖尿病内科

内分泌糖尿病内科

担当医のご紹介

内分泌糖尿病内科を担当する医師をご紹介します。


  氏名/役職 専門 学会・認定医等
芦澤 潔人 芦澤 潔人
あしざわ きよと
  • 副院長
  • 内科主任部長
  • 臨床研修教育センター センター長
  • 内分泌全般
  • 生活習慣病
  • 日本内科学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医・評議員
  • 日本甲状腺学会専門医・評議員
  • 日本肥満学会肥満症特例指導医
  • 日本医師会認定産業医
明島 淳也 明島 淳也
あけしま じゅんや
  • 内科医員
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会専門医
和泉 元衛 和泉 元衛
いずみ もともり
  •  
  • 光晴会病院
  • 花丘診療所
  • 内分泌全般
  • 生活習慣病
  • 睡眠障害
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本甲状腺学会専門医・評議員
  • 日本内分泌学会専門医・評議員
  • 日本肥満学会評議員
  • 日本糖尿病学会認定医
  • 日本核医学学会認定医
  • 米国睡眠ポリソムノグラフィー認定医
  中嶋 遥美
なかしま ようみ
  • (非常勤)
   
  酒匂 あやか
さこう あやか
  • (非常勤)
   

内分泌糖尿病内科の概要

内分泌疾患に関しては甲状腺疾患の紹介が多く、必要に応じて超音波検査、細胞診検査を行っています。 院内に専属の細胞検査技師がおり、迅速で正確な診断が可能です。
糖尿病診療は、血糖コントロールのみならず各種合併症に対応しています。
神経障害は、末梢神経障害のみならず自律神経障害の診断・治療を行っています。 腎症は、進展防止を図るための保存的治療を強化して実施するとともに、末期腎不全期へ進行した場合は当病院透析センターと連携して問題なく維持透析へ移行できる体制を整えています。
網膜症は、眼科と連携して診療を行っています。 また、近年では歯周病が糖尿病合併症の一つとしても問題となっており、歯科との連携も行っています。
糖尿病患者で有病率が高率である動脈硬化性疾患、悪性腫瘍については積極的にスクリーニング検査を実施しています。 治療を要する場合は循環器科、脳卒中科、外科と連携して対応しています。
入院の糖尿病患者に関しては、病棟毎にほとんど毎日カンファレンスが開かれ、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、医療秘書ら多職種により、患者さん一人ひとりへの対応策を検討しています。 さらには、外科系の入院患者の血糖コントロールも担当しています。
このように、内分泌、代謝疾患は他の分野とも広く関連した疾患であり、院内、院外を問わず連携が重要です。

主な診療内容

  • 甲状腺疾患(バセドウ病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、橋本病、甲状腺腫瘍(良性、がん)
  • 甲状腺超音波検査
  • 超音波ガイド下穿刺吸引細胞診動脈硬化の検査
  • 下垂体腫瘍
  • 腫瘍性疾患
  • 二次性高血圧
  • 副甲状腺疾患
  • 電解質異常
  • 糖尿病
  • 脂質代謝異常(高コレステロール)など肥満症

など。

外来担当医表

  時間帯
内分泌糖尿病内科 午前 明島 淳也 芦澤 潔人 和泉 元衛
酒匂あやか
中嶋 遥美 芦澤 潔人
午後     和泉 元衛 明島 淳也  
フットケア 午後 明島 淳也        

学会認定情報

  • 日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設
  • 日本甲状腺学会専門医施設
  • 日本肥満学会認定肥満症専門病院

  • 初診・再診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 地域の方へ
  • 医療従事者・学生の方へ

広報誌:ほほえみ-最新号-

令和元年7月1日 更新!

▲ ページ上部へ