化学療法レジメンについて | 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 済生会長崎病院 SAISEIKAI NAGASAKI HOSPITAL | 良心と思いやりをもって 地域の人々の医療・福祉・保健に貢献します。
  • ホーム > 
  • 化学療法レジメンについて
化学療法レジメンについて

化学療法レジメンについて

連携充実加算について

 当ページでは、当院で実施されている化学療法のレジメン情報を公開します。

 済生会長崎病院では、外来がん化学療法の質向上を目指し、保険薬局や他の医療機関との連携を強化する目的で、「がん薬物療法治療情報提供書」を患者さんへお渡ししています。

 「がん薬物療法治療情報提供書」は、レジメン名称、治療薬剤、投与量、患者さんの身長・体重・体表面積等を記載した計画書です。(経口のみは計画書はありません)それに伴い、令和3年5月より連携充実加算の算定開始をいたします。


・【PDF】連携充実加算について

済生会長崎病院化学療法レジメンについて

 済生会長崎病院化学療法レジメンは、レジメン委員会にてレジメン審査され、院内レジメンとして承認されたレジメンについてその内容を保険薬局薬剤師等が、服薬指導管理等で利用する為に公開するものです。

 本レジメンは、済生会長崎病院でがん治療を受ける患者さんの適正な投与・副作用管理を目的として提供されるものであり、その他の目的での用途は想定しておりません。 また、投与量、投与スケジュールは、患者さんの状態によっては変更される場合があります。

トレーシングレポート(がん薬物療法治療情報提供書 専用)について

 外来がん化学療法を実施した患者さんには、治療レジメンの内容、実施状況、主な副作用の発現状況などを記載した『がん薬物療法治療情報提供書』をお渡しします。 患者さんがお持ちの、『がん薬物療法治療情報提供書』と『検体検査結果』を併せてご確認頂きますようお願いいたします。

 特定薬剤管理指導加算 2 の算定の有無に限らず、患者さんの服薬状況、副作用の発現状況等を確認された際に、即時性は低いが主治医または薬剤師に情報提供が必要と判断された場合は、下記の「トレーシングレポート(がん薬物療法情報提供書 専用)」 を用いてご報告をお願い致します。

 報告内容は薬剤部で集約した後、医師へ情報伝達し情報の共有化を図ります。なお、緊急性の高い内容につきましては、従来通りの疑義照会によるお問い合わせをお願い致します。


・【PDF】トレーシングレポート(がん薬物療法治療情報提供書 専用)
・【Excel】トレーシングレポート(がん薬物療法治療情報提供書 専用)
・【PDF】CTCAE Ver.5

《 トレーシングレポート送信先 済生会長崎病院 薬剤部 》
Email:able-mass@nsaisei.or.jp

連携充実加算に係る研修会開催について

 外来がん化学療法の質の向上の為の総合的な取り組みの評価として、特定薬剤管理指導加算2(保険薬局側)並びに連携充実加算(医療機関側)の算定における研修会を定期的に実施いたします。 処方箋を応需する保険薬局の方は、是非ご参加ください。


・【PDF】研修会案内

※事前申し込みが必要です。

レジメンを閲覧するにあたってのご注意

・医療機関または保険薬局向けのものです。
・患者さん、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。
・適切な投与管理の実践以外を目的とした使用や無断転載を禁止します。
・投与量、投与スケジュール等は患者さんの状態によって変更される場合があります。


     以上に同意して閲覧

▲ ページ上部へ