病院の理念/基本方針

病院の理念/基本方針

病院の理念

済生の精神をもって
心のこもった医療を実践する

なでしこ

病院の基本方針

  1. 地域に密着した急性期病院
  2. 救急医療を推進する病院
  3. 医療人の育成に力を入れる病院
  4. 職員の成長と活力を大切にする病院
  5. 最高品質を求めて変革していく病院

患者さんの権利

  1. 個人の尊厳が保たれ、いかなる差別もなく、安全で良質な医療を公平に受ける権利があります。
    (受療権)
  2. わかりやすい言葉で、病状、診断、予後、治療方法などについての説明を求めることができます。
    (知る権利)
  3. 納得できるまで説明を受けた後、医療従事者の提案する診療計画などを自らの意志で決定することができます。
    (自己決定権)
  4. プライバシーを保護される権利があります。
    (プライバシー保護権)
  5. 他の医師に相談する権利があります。
    (セカンドオピニオン権)

患者さんの義務

  1. 医療従事者に対し、自身の健康に関する情報を出来るだけ正確に伝えて下さい。
    (情報提供義務)
  2. すべての患者さんが適切な医療を受けられるよう、社会的ルールや病院の規則、職員の指示を守って下さい。
    (診療協力義務)
  3. 適切な医療を維持するために、医療費を遅延なくお支払下さい。
    (医療費支払義務)
  4. 医療人の育成という病院の役割のため、臨床教育等に対し、可能な限り協力して下さい。
    (医療人育成協力義務)
  5. 高度な医療を提供するため、臨床研究に対し、可能な限り協力して下さい。
    (臨床研究協力義務)

  • 初診・再診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 地域の方へ
  • 医療従事者・学生の方へ

広報誌:ほほえみ-最新号-

令和元年7月1日 更新!

▲ ページ上部へ