院長あいさつ

院長あいさつ

衛藤 正雄

院長:衛藤 正雄
(えとう まさお)

恩賜
財団

済生会は1911年に、明治天皇の「恵まれない人々にも医療の手を差し伸べるように」との済生勅語を受けて創設されました。
  済生とは「命を救うこと」を意味しています。済生会長崎病院は1938年(昭和13年)に設立され、本年、平成28年をもって創立78周年を迎えます。この間、生活に困窮している人々への支援に力を入れるとともに、安全で安心な最新医療を提供することで地域の皆様の信頼を得てまいりました。
  当病院の理念は「済生の精神をもって心のこもった医療を実践する」ことであり、変遷する医療情勢の中にあっても創立の精神を継承してまいります。急性期医療を担う地域中核病院として、当病院の使命は多岐にわたります。中でも国や県から指定を受けた主なものとして次のものがあります。


(1) 地域医療支援病院:地域のかかりつけ医療機関との連携、重症患者の受け入れ、地域の医療従事者への研修教育などを実践し、地域医療の充実に中心的な役割を果たします。

(2) 無料低額診療事業実施機関:生活困窮家庭に医療を無料または低額で提供し、生活支援を行います。

(3) 臨床研修指定病院:卒後研修医を積極的に受け入れ、基本的診察能力を身につけた救急・臨床に強い医師の育成に力を注ぎます。


  当病院は基本方針の一つに「最高品質を求めて変革していく病院」であることを掲げております。今日の医療の品質は「構造」「過程」「成果」で評価されております。 当病院の構造の大きな特徴は  “205床の全病床が個室であること”  であり、 その長所を最大限に活かして医療の品質を追求し、患者さんの満足度を限りなく高める努力を継続してまいります。


  済生会長崎病院は「済生の精神」を受け継ぐとともに未来へと継承し、自らの使命を果たしてまいります。

  また、新病院なって中止していました健診事業を本年4月から再開することとなりました。当面は月曜日(午前・午後)、木曜日(午前)、金曜日(午前・午後)で行う予定です。

平成28年4月1日

院長略歴

  • 1981年(昭和56年)
    長崎大学医学部卒業
  • 同年
    長崎大学医学部付属病院整形外科 医員
  • 1982年(昭和57年)
    長崎労災病院 医師
  • 1983年(昭和58年)
    北九州総合病院 医師
  • 1984年(昭和59年)
    山口県立中央病院 医師
  • 1987年(昭和62年)
    長崎大学医学部整形外科 医員
  • 1990年(平成 2年)
    長崎大学医学部整形外科 助手
  • 1998年(平成10年)
    長崎大学医学部整形外科 講師
  • 2008年(平成20年)
    長崎大学医学部整形外科 准教授
  • 同年
    済生会長崎病院 副院長 兼 整形外科主任部長
  • 2015年(平成27年)
    済生会長崎病院 院長(現在に至る)

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本肩関節学会
  • 日本肘関節学会
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 九州山口スポーツ医・科学研究会
  • 日本運動器学会
  • 西日本整形・災害外科学会

資格等

  • 日本整形外科学会専門医
  • 義肢装具判定医
  • 日本整形外科学会スポーツ医
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本体育協会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会運動器リハビリ医
  • JADA協力講師

  • 初診・再診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 地域の方へ
  • 医療従事者・学生の方へ

広報誌:ほほえみ-最新号-

平成28年9月30日 更新!

▲ ページ上部へ