薬剤部

薬剤部

薬剤部の概要

薬剤部前

薬剤部は、薬剤師としての専門的知識を活かしチーム医療に貢献することにより、患者さんの薬物治療の向上に寄与することを目的としています。
病気の治療に欠かすことのできない「薬」を安全かつ効果的に使用するために、「調剤」「服薬指導」「医薬品の保管・管理」「抗がん剤の無菌調整」「医薬品情報の収集と提供」等の業務を行っています。

主な業務内容

調剤業務

薬剤部では、入院・外来患者さんの薬を調剤しています。当病院では、電子カルテによるオーダリングシステムを導入しており、医師がパソコンで処方を入力すると薬剤部に処方箋・薬袋が瞬時に伝達される仕組みが構築されています。
薬剤師は、発行された処方箋・薬袋をもとに、「飲み合わせ」「投与量」「飲み方」等をチェックし、調剤を行っています。

調剤業務風景1 調剤業務風景2

注射薬業務

毎日、患者さんごとに一回施用分の注射薬を注射処方箋にもとづいて調剤しています。

注射薬業務風景1 注射薬業務風景2

薬剤管理指導業務

患者さんが薬を正しく使用できるように、薬の効果、使い方、飲み忘れたときの注意点等を説明しています。
また、インスリンを自己注射される患者さんからのご相談にも対応しています。

薬剤管理指導業務風景1

お薬手帳や血圧手帳など

薬剤管理指導業務風景2

病室でのお薬の説明

抗がん剤無菌調整

抗がん剤無菌調製風景

抗がん剤の無菌調整は、事前に注射処方箋の内容について、「投与量」「投与速度」「投与期間」等のチェックを行った後に調製を行います。
注射薬の中には、混合すると白濁したり、薬の効果が落ちることもありますので事前にチェックを行っています。

医薬品の保管・管理

医薬品の保管・管理風景

院内において、医薬費の購入と保管、病棟・外来・手術室への医薬品供給を行っています。また、品質の管理(温度、湿度、光)には特に注意を払っています。
特定生物由来製品(血液を原料とする医薬品)については、患者さんのお名前、ご住所、医薬費の名前、製造番号、投与量を20年間に亘って管理しています。

医薬品情報(DI)の収集・管理

DI業務風景

薬の効果や副作用の情報を収集・管理しています。
また、収集した情報を整理して院内各部署への情報提供も行っています。

麻薬管理業務

医療用麻薬の納品、調剤、廃棄等を行っています。
また、医療用麻薬を厳重に保管・管理し、適正に施用されるように指導しています。

お薬Q&A

Q. 子供の熱さましの使い方について教えてください。

熱さましは熱によるつらさを軽くするための薬で、病気を治す薬ではありません
熱さましは、次のような時に使いましょう。

  • 38.5度以上で、つらそうな時
  • 熱のため水分がとりにくそうな時
  • 熱のためひどく寝苦しそうな時

6時間以上たったら、再度使用しても構いませんが、1日3回くらいまでにしておきましょう。
坐薬と飲み薬の効き目は同じです。坐薬と飲み薬を同時に使ってはいけません。4時間以上あけて下さい。
また、ひきつけ止めの坐薬と熱さましの坐薬を使う時30分以上あけて下さい。

Q. 内科で初めて診療してもらうとき、検査のことを考えて食事をしてこない方がいいんでしょうか?

風邪をひいて診察を受けられる場合などは絶食の必要はありません。
しかし、一般的には絶食で来院された方が種々の検査に対応できます。
ただし、改めて検査の日にちをこちらから指定し、絶食をお願いする場合もあります。
糖尿病でインスリン注射をしていたり、薬を飲んだりしている方は、低血糖症状を起こす可能性もありますので、普段の食事をしてきてください。

Q. 薬の飲み方で「食間に服用」と書いてあったら、いつ飲めばいいんですか?

「食間」とは「食事と食事の間」、つまり食事の2~3時間後のことです。
この時間帯に飲む薬は、食事や他の薬と同時に服用すると吸収が悪くなる薬、胃の粘膜を保護する薬、空腹時の方が吸収が良い薬などがあります。
食間に飲み忘れた場合、いつ飲んだら良いかは個々の薬によって違いますので、医師または薬剤師にご相談ください。

Q. 錠剤やカプセルを水なしで飲むのは良くないのでしょうか。

十分な水を飲まないで錠剤やカプセルを服用すると、胃に届かず食道に留まってしまうことがあります。
すると、薬の効果が現れないばかりか、食道がただれたり潰瘍になって食道に穴があくこともあります。
薬が胃に届いた場合でも、十分な水が無いと、薬が溶けてその効果が現れるまでに時間がかかることがあります。
そのため、薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲みましょう。

また、最近、錠剤やカプセルを外包装から出さないで飲んでしまう事故が起こっています。
飲む前に、中身を出したかもう一度確かめる習慣をつけましょう。

その他関連するページ


  • 初診・再診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 地域の方へ
  • 医療従事者・学生の方へ

広報誌:ほほえみ-最新号-

令和元年7月1日 更新!

▲ ページ上部へ