コンテンツ

済生会長崎病院
〒850-0003
長崎県長崎市片淵2丁目5-1
TEL:095-826-9236(代表)
FAX:095-827-5657

認定看護管理者

認定看護管理者とは?

認定看護管理者は、病院や介護老人保健施設などの管理者として必要な知識を持ち、患者・家族や地域住民に対して質の高いサービスを提供できるよう組織を改革し、発展させることができるような能力を有すると認められた看護師です。


済生会長崎病院には2017年7月現在1名の看護師が日本看護協会の認定を受け、認定看護管理者として活躍しています。

認定看護管理者 [ 1名 ]

坂井 和子 認定看護管理者へ期待される主な役割としては、①病院経営への参画②施設内での人材育成③看護の質向上などがあります。さらに2025年問題に向け地域包括ケアシステムの構築が喫緊の課題となっている今、 自施設だけではなく「地域における看護の質向上を推進する活動」へと求められる役割が変化・拡大してきています。
患者さんやそのご家族また地域の住民の方に対し、より質の高いサービスが提供出来るよう、自身の管理する組織の課題を明らかにし、他部署を巻き込みながら様々な人に働きかけて、組織全体のサービス提供体制の向上を目指した活動を行っていきたいと考えています。

坂井 和子

認定看護師

認定看護師とは?

認定看護師(CN: Certified Nurse)とは、日本看護協会認定看護師認定審査に合格した特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる看護師のことです。


済生会長崎病院の看護部には、2019年4月現在で7名の看護師が日本看護協会の認定を受け、認定看護師として活躍しています。

救急看護 認定看護師 [ 1名 ] 〔 特定行為研修(救急・集中ケアモデル)修了 〕

梅本 麻衣子

救急患者は、時と場所を選ばず発生します。どの年齢でも発生し、病気・外傷を有したあらゆるライフステージの患者と家族を対象にします。少ない情報から患者の状態を判断し、急激な状態変化に即応した看護援助を行います。社会復帰・在宅復帰を見据え、心身の障害を最小限にとどめるよう心がけています。
家族も患者の急変に多くの不安を抱えていると思いますので、患者だけでなく家族にも寄り添った看護を提供していきたいと思っています。

梅本 麻衣子

集中ケア 認定看護師 [ 1名 ]

西岡 優子

集中ケア認定看護師は、集中的なケアが必要な患者さんやご家族に対し早期に回復できるようにお手伝いします。 また、ケアに関わる看護師を支援する役割を担っているため、ケア時の指導・相談を受けケアの質の向上を目指して活動しています。

西岡 優子

脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師 [ 1名 ]

原 麻記子

脳卒中は突然発症し麻痺などの後遺症が残ります。 回復にはリハビリテーションが必要で、患者さんは障害を受け入れ生活を再構築していかなければなりません。 発症直後から悪化や合併症を防ぎ、自立した生活を見据えて入院中からご家族も含め支援していくことが求められます。 ケアの質の向上を目指して活動しています。

原 麻記子

糖尿病看護 認定看護師 [ 1名 ]

平野 晃彦

糖尿病看護の実践やスタッフへの相談・指導も行っております。看護実践では、フットケアをはじめ、患者さんやご家族の生活の中に治療を取り込むことができるように心がけ支援を行っています。 糖尿病や合併症の発症・進展防止も重要です。健診から、受診し治療を受けている方まで、糖尿病に対する正しい情報を知ってもらえるよう院内・院外で活動しています。

平野 晃彦

がん化学療法看護 認定看護師 [ 1名 ]

宮本 留美子

患者さんが がん化学療法 を安全に安心して受けることができるように副作用のマネジメントを行い、また、患者さんがセルフケアを実践できるよう活動しています。 患者さんの治療に望む思いを大切にし、がんと向き合いながら自分らしい生活を送ることができる看護の提供を心掛けています。

宮本 留美子

感染管理 認定看護師 [ 1名 ]

林田 久美

病院には患者さんやご家族、病院で働くスタッフなどたくさんの人がいて、その健康レベルは様々です。感染管理認定看護師はそれらの病院に関わる全ての人たちを感染から守るために活動しています。 また、周辺地域の医療機関と協力し、地域ぐるみで院内感染対策の知識の向上と対策実践の強化に取り組んでいます。感染に関する相談にも応じます。気軽に声を掛けてください。

林田 久美

認知症看護 認定看護師 [ 1名 ]

石田 朱美

急性期病院で認知症の方が、安心して安全に治療を受けられるように環境を整え、少しでも早く入院前の生活に戻れるように支援します。 本人・家族の思いを知り、その人らしさを大切にしながら、多職種と連携し援助します。
自施設内だけでなく地域でも周りの協力を得ながら認知症の方が居心地の良い場所で生活できるように、関連施設との連携を図ります。
認知症看護の質の向上と心優しい関りを目指して活動していきます。

石田 朱美

▲ ページ上部へ