コンテンツ

済生会長崎病院
〒850-0003
長崎県長崎市片淵2丁目5-1
TEL:095-826-9236(代表)
FAX:095-827-5657

教育理念

病院の理念、看護部の理念に基づき、
質の高い看護が提供できる人材を育成する。

教育目標

  • 専門知識と技術をそなえ、対象に応じた看護を提供できる能力を養う。
  • 豊かな感性、高い倫理観を持った看護実践ができる。
  • 主体的に行動でき、自己啓発できる看護職員を育てる。

教育体制

人間性ゆたかな優れた医療人、質の高い専門的知識を備えた看護職員を育成する。常に目標を持ち、主体的に学習し、専門職業人としての自己啓発・自己研鑽する看護職員を支援している。
新人教育はプリセプターシップを導入し、新人看護師(プリセプティ)1名に対し、先輩看護師(プリセプター)1名がペアとなり、日常の看護実践の中で直接的な指導・育成を行っている。
継続教育ではキャリアアップシステムとして、クリニカルラダー、マネジメントラダーを導入し、各レベルに応じた院内外の研修を実施し、看護職員の成長をサポートしている。

新人教育

新人教育

継続教育

継続教育

令和元年度 新人教育 院内外研修計画

研修名 ねらい(目的) 内容
4
  • 新人オリエンテーション
  • 病院の概要を知る
    看護部活動の概要を知る
    看護部職員としての自覚を持つ
  • 感染防止策の基本と実践を学ぶ
  • 看護情報の取り方や看護記録・電子カルテ入力の実際を学び、看護実践に活かす
  • 基礎看護技術を身につける
  • フィジカルアセスメントを理解し、患者観察や看護実践に活かす
  • オリエンテーションプログラム
    職業人としての心構えを学ぶ
    電子カルテの基本操作や留意点についてポータルサイト、イントラの活用
  • 感染防止対策
  • 看護記録について
  • 基礎看護技術研修
  • フィジカルアセスメント4を理解し、患者観察や看護実践に活かす
  • トランスファー、食事介助、口腔ケア
  • 褥瘡ケア
5
  • 卒後1ヶ月目研修
  • 1ヶ月を振り返り、課題を明らかにする
  • グループワーク
6
  • 卒後2ヶ月目研修
    フォローアップ研修
  • 救急看護①
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • 薬剤の知識・院内の取り決め事項を理解し、安全な取り扱いができる
  • 輸血の知識を深め、正しい取り扱いができる
  • 食事の種類、治療食、食事形態などを知り、適切な提供ができる
  • 安全な医療ガスの取り扱いを理解する
  • BLSの実際
  • 薬剤の知識と管理
  • 輸血の知識と管理
  • 栄養管理
7
  • 卒後3ヶ月目研修
    フォローアップ研修
  • 看護記録②
  • SOAP記録と看護計画の連動について理解を深める
  • 看護計画立案にあたり、受け持ち看護師の心構えを理解し実践に活かすことができる
  • 快適な紙おむつの選び方と使い方
  • メンバーシップを理解する
  • SOAP記録と看護計画
  • グループワーク
8
  • 卒後4ヶ月目研修
  • 救急看護②
    医療安全管理
  • 救急看護の実際を学び、患者観察や看護実践に活かす
  • 二次救命処置の技術を学ぶ
  • 挿管、除細動の取り扱い、薬剤投与、救急時の記録
  • 危険予知する感性を磨き、患者の安全を考えた援助ができる
  • 救急看護②ACLS
  • 医療安全管理KYT
9
  • 卒後5ヶ月目研修
    フォローアップ研修
  • ME機器と人工呼吸器
  • 自己目標の振り返り、1年後の自分をイメージする
  • 人工呼吸器の基礎的知識とと襟扱いの留意点を理解する
  • グループワーク
  • 人工呼吸器の構造と操作
10
  • 卒後6ヶ月目研修
    業務管理
    多重課題シュミレーション
  • 業務管理
    「複数患者の優先度を考えた行動ができる」
  • 業務管理
    多重課題シミュレーション
11
  • 卒後7ヶ月目研修
    物品管理とコスト4管理
    医療安全
  • 患者の負担を考慮した物品の適正使用とコスト管理意識を高める
  • 安全管理
    事例をとおし安全対策について考えることができる
  • 物品管理とコスト管理
  • インシデント事例から対策を考える
12
  • 卒後8ヶ月目研修
    フォローアップ研修
  • 患者対応について学ぶ
  • ロールプレイ
1
  • 卒後9ヶ月目研修
    看護倫理
    臨床倫理
  • 看護倫理、臨床倫理について学び、倫理観を持って看護に臨む姿勢を養う
  • 臨床倫理
  • 看護倫理
2
3
  • 卒後1年目研修
  • この1年を振り返り、成長できた自分を知り、2年目に向けて準備する
  • 修了式
  • 看護師になって印象に残った場面
  • これからの決意表明

令和元年度 継続教育 院内外研修計画

研修名 ねらい(目的) 内容
4
  • ケースレポート発表会
  • 卒後2年目看護師
  • 事例を通して自分自身の看護を考え、看護観を深めることができる
    (クリニカルラダーⅠ段階キャリアアップに向けて)
5
  • 卒後2年目研修(1)
  • 2年目看護師の役割を認識し、看護展開ができる
  • 看護とはを考える
    事例検討・GW
  • BLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • プリセプター研修(1)
  • 新人を迎えて
    各部署の指導の実際と振り返りから、今後の課題を明らかにする
    各プリセプター間の情報交換を行い、プリセプターもリフレッシュしよう!
  • グループワーク
  • 看護補助者研修(1)
  • 医療制度概要及び病院の機能と組織の理解
  • 看護補助業務における医療安全
  • 医療制度概要
  • 病院機能、病院組織
  • 医療人として
  • 患者の安全と事故防止
6
  • ACLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • ACLSの実際
  • 医療ガス研修
    【全体研修】
  • 安全な医療ガスの取り扱いを理解する
  • 医療ガス供給設備につて
  • 卒後3年目研修(1)
    リーダーシップ初級
  • 卒後3年目の役割と責任が理解でき、実践につなげる
  • 問題解決過程の理解
7
  • BLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • BLSの実際
  • プリセプター研修(2)
  • 「新人が気持ちを表出しやすい声かけや関わりについて・・」
  • コーチング
  • 看護補助者研修(2)
  • 感染予防について正しい知識を学び、日常業務で実践する
  • 感染予防とは
  • 環境整備について
  • マスク、エプロン、手袋装着法
  • 手洗いの実践と留意
  • 卒後3年目研修(2)
    リーダーシップ初級
  • 卒後3年目の役割と責任が理解でき、実践につなげる
    問題抽出と対策について考える
  • 問題解決過程の理解
8
  • ACLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • ACLSの実際
9
  • BLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • BLSの実際
  • 看護補助者研修(3)
  • 快適な紙おむつの選び方と使い方を学ぶ
  • 卒後2年目研修(2)
  • 卒後2年目の役割と自己の課題を明らかにし、問題解決に向けての取り組みを考える
  • 協調ゲームから自己の課題を明らかにする
    GW
10
  • ACLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • ACLSの実際
  • プリセプター研修(3)
  • プリセプターとしてのスキルアップをめざそう!
  • プリセプターとしての6ケ月を振り返り、残り6ケ月の自己目標を見出す
  • プリセプティの現状と問題から、各部署の取り組みを発表し合い今後の対策を導く
  • 看護補助者研修(4)
  • 患者急変時の初期対応を学ぶ
  • BLS
  • 卒後3年目研修(3)
  • 問題解決過程の理解
  • 「問題の抽出と対策」取り組みの途中経過を報告し、助言を得る
  • 途中経過報告
11
  • BLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • BLSの実際
  • 卒後5年目研修
  • コーチング
  • グループワーク
  • 卒後3年目研修(4)
    続リーダーシップ
    取り組みの発表
  • 7月(1)のフィッシュボーン「問題解決過程」から、課題に取り組んだ結果を報告する
  • 課題取り組みから、リーダーシップを考える
12
  • ACLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • ACLSの実際
  • 卒後2年目研修(3)
  • グループワークと講義を通して家族援助について学ぶ
  • 家族援助についてグループで事例を出しあい共有する
  • 家族への援助方法を知り、今後に活かすことができる
  • 看護補助者研修(5)
  • 患者や介助者の役を体験し、安全でおいしく食べる介助法を学ぶ
  • 体位の調整
  • 食べさせ方
  • トロミの付け方
  • プリセプター研修(4)
  • プリセプターとしてのスキルアップをめざそう!
  • プリセプターとしての6ケ月を振り返り、残り6ケ月の自己目標を見出す
  • プリセプティの現状と問題から、各部署の取り組みを発表し合い今後の対策を導く
1
  • BLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • BLSの実際
  • 新プリセプター研修
    (院外)
  • 新人看護師の特徴、プリセプターの役割と求められる能力を理解し、新人看護師教育のビジョンの明確化と関わり方を学ぶ
2
  • ACLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • ACLSの実際
  • 卒後2年目研修(4)
  • 他者と関ることで自分の役割を知る
  • 卒後3年目リーダー業務に向けて心構えができる
  • 自分や相手を”誉める”
    グループワーク
  • 新プリセプター研修(1)
  • 「新プリセプターさん、共に頑張ろう!」
    プリセプターの役割を理解する
  • 指導者研修の伝達講習
  • プリセプターの心
  • 指導要綱とマニュアルの活用
  • 現代の若者の傾向
  • 看護補助者研修(6)
  • 患者や介助者の役を体験し、安全でおいしく食べる介助法を学ぶ/li>
  • 体位の調整
  • 食べさせ方
  • トロミの付け方
  • 院内看護研究発表会
  • 一年の取り組みを発表しょう!
3
  • 卒後3年目課題発表会
  • 卒後3年目看護師の取り組みを発表してもらう
  • BLS
  • 救急看護の実際を理解し、患者急変時の対処法を学ぶ
  • BLSの実際
  • プリセプター研修(5)
  • この1年を振り返り、新人と共に成長できた自分を知る
  • グループワーク

令和元年度 院内シリーズ研修計画

No. 研修名 開催日 内容
1   感染管理 6/5(火)   標準予防策と経路別予防策
7/10(火)   手指衛星と個人防護具
9/4(火)   培養検査について
  ~検体採取方法と結果の見方~
10/2(火)   感染性腸炎とインフルエンザ
2   退院支援 6/15(金)   退院支援・調整について
7/13(金)   高齢者医療
  包括的診療とケアを目指して
8/17(金)   介護保険について
9/14(金)   訪問看護について
10/12(金)   住環境整備について
11/16(金)   退院支援の実際
3   糖尿病看護 6/19(火)   糖尿病
  ~糖の流れとインスリンの働きから~
7/17(火)   糖尿病治療
  ~薬物・検査編~
8/21(火)   誰でもできるインスリン自己注射指導  実践編
9/18(火)   糖尿病治療
  ~食事・運動編~
10/16(火)   糖尿病合併症
11/20(火)   糖尿病
  ~糖の流れとインスリンの働きから~
4   がん化学療法 6/29(金)   がん化学療法看護概論
7/27(金)   抗がん剤の暴露対策、血管外露出対策
8/24(金)   過敏症・インフュージョンリアクション対策
9/28(金)   悪心・食欲不振などの症状マネジメント
10/26(金)   骨髄抑制の症状マネジメント
11/30(金)   脱毛ケア、アピアランスケア
※時間は全て17:30から18:30までとなります。

メッセージ

就職1年目は、慣れない環境で覚えることも多く、いろいろと大変かもしれません。 看護の職場はいろいろな人との関りや時間経過の中で患者様に技術を提供していきます。
プリセプターや先輩、同僚からもサポートを受けますが、人との関係、自分が提供できる技術・・・・ いろいろなことがストレスとなって、悩むことがあるかもしれません。

一人で悩むことなく、お気軽に看護部教育室の教育担当までご相談ください。

▲ ページ上部へ